愛をもって中今を生きる。

ある主婦の日常と愛の哲学

コロナ禍1年での変化

3月になりました。
去年の今頃を思いだし、ちょうどコロナ騒動も1年たったのだなぁと思いました。
ちょうど一年前に急に学校だけ休校になることになり、世の中のお母さんたちはテンヤワンヤでした。
コロナもそのころから、他人事ではなく自分事になり恐怖心が伝染していったのを思い出します。
私もこの1年でたいぶいろいろなことを感じました。
さらっと書き記しておこうと思います。

去年の2月頃、まだ日本ではそんなに感染が広がってないと認識されていた頃、私はこのコロナを人工発生の可能性と化学兵器である可能性に勘づいていたため、一番警戒していた時期でした。
イタリア、ニューヨークの惨状や、日本もこうなるという煽り、安倍総理の会見、まだテレビを見ていた頃です。
政府もまだ人工とは確定していないからいえないのではないかと思い、自己努力で感染対策をしていました。

しかし、急な3月になり学校の休校は参りました。
子どもたちのエネルギーは有り余っています。どうやって家で過ごせというのでしょうか。
習い事も軒並み中止になり、子どもはいくところがなかったのを思い出します。
その3月中旬頃、BCGや死亡率の低さ、日本人の感染者の異常な少なさがわかってきて、「なにかがおかしい」と思うようになります。
警戒がなくなっていく一方で、マスコミ、都知事の恐怖の煽りはますますエスカレートし、オリンピック延期の決定を受けて、緊急事態宣言へとなだれ込みました。

その頃の私は、マスコミ依存から脱却し、自分軸の大切さに目覚めはじめていたので、政府の緊急事態宣言は本当にショックでした。
子どもも4月から学校にいける!と思っていたのに、出鼻をくじかれ、夫の仕事さえもなくなりそうな勢い。
世の中の経済が完全に止まりそうになっていましたが、私には全く無駄なことと感じたのです。

周りの人はマスコミにあおられ、恐怖心の真っ只中。高齢の父母はこの世の終わりのような態度でした。
人と人が助け合い支えあっていかないといけないときに、ソーシャルディスタンスとかいう造語で人々を分断させ、余計にテレビの前に座らせる。
私はこの頃から、テレビを全く見なくなりました。

自分を見失ってはいけないと、緊急事態中から自分軸の意識で生活をはじめ、覚醒していったと思います。

そしてそれを書き留めようということで始めたのがこのブログです。

思えば本当成長したなぁと感じます。生活スタイル、考え方、政府に対しての見方、子どもへの教育、すべてに影響があったと感じます。
周りもあの頃に比べるとだいぶ私と同じ見解の人が増えてきました。

そういう意味ではコロナのおかげで大きく覚醒し、成長できたということで
波乱の一年ではあったけど、今振り返ると感謝しかないですね。

GotoなくてもGoto♪

社会情勢が混沌としているので、
それに注目しているとつい気が滅入ってしまいます。
やはり、自分の目の前の楽しみやワクワクに注視し、行動することで精神的に守られるという感じがします。

そこで、gotoキャンペーンが終わって以来の、gotoをしてきました!
今回は、イチゴ狩り、温泉、食事を楽しみに、富士山近くに遊びにいってきました。

高速道路は休日でも嘘かというくらい空いていて、ほとんど渋滞なし。
Gotoがなくても、お値段もそこそこに押さえられており、お得です。
これからGotoが再開したら、あっちもこっちも激混だろうし、goto値上げもあるから、今のうちに行きたいところは行っておいたほうがおすすめです。

行く途中、軍用機らしき飛行機が行ったりきたりしているのを見たり、温泉からUFOらしき光を見たり、
いつもと違う光景はあったものの、
8時以降でも飲食できる自由さや、来ている人の幸せそうな顔で癒されました!
外ではなにが起こってるかわからないけれど、少なくとも今私は幸せを実感して、それに注目することができました。
またこういった感情は必ず伝播し、誰かにも影響するのだと思います。

混沌とした中でも、自分軸で幸せを見つけることの大切さを改めて感じたお出掛けでありました。
f:id:AZSA:20210225084039j:plain

アレルギーはほとんど化学物質過敏症

アレルギーに悩まされています。
ハウスダスト、花粉。
子どももアレルギーがあり皮膚が乾燥しています。

昔はアレルギーなんてなかったのに、最近の子どもはほとんどアレルギー持ちです。
不思議ですよね。

私の父は線香アレルギーだと最近判明しました。
70になってもアレルギーが発症することがあるんです。
不思議ですよね。

線香は化学物質でできています。
なので父は化学物質アレルギーらしいのです。
線香を家から取り除いたところ、咳やくしゃみが治りました。驚きました。

それから化学物質に注目するようになり、
洗濯洗剤を変えてみました。
洗剤ではなくマグネシウムという石で洗う手法を知り、
取り入れてみたのです。
そうしたところ、子どもの鼻炎、皮膚炎症が、ピタッとおさまりました。
これには私も驚きました。
そして、シャンプー、リンス、ボディソープをオーガニックに変えました。

そして花粉シーズン到来。
昨日から花粉をすごく感じます。
くしゃみ、鼻水、目の痒みが現れました。つらい季節です。コロナでマスクは反対ですが、この時期は花粉症のためマスクがかかせません。
でもこれも不思議、花粉の多い山の中の杉林にいるときより、都会でいるほうがキツいということ。
私は花粉が悪いのではないと思っています。
なぜなら、黄砂が多いときの花粉症がいちばんひどいからです。
花粉にくっついている化学物質に反応していると考えるとしっくりきます。
空気が汚い場所での花粉がアレルギーになるのです。
空気が汚くなっているのがアレルギーの原因の1つでしょう。
アレルギーにはいろいろな種類があり、そのすべてが化学物質からかはわかりませんが、少なくとも私の家族には、その可能性が高いと最近判明したのです。

そう考えると自分や子どもを、都会で守っていくのはなかなかたいへんなことです。都会は化学物質だらけですから。
だから、家の中だけは脱化学物質に切り替えていこうと思います。
なるべく、オーガニック。
食べるものも。消毒とか消臭系も使いません。
なるべく、排除していこうと思います。

もちろん、ワクチンなんて打ちません。

地震が恐くなくなった。

先日大きめの地震が福島でありました。
東京の私の住んでいるところも震度3くらい揺れました。
福島では震度6強揺れたところもあったようで、東日本大震災を思い出した人も多いかもしれません。
今回の地震で私は気づいたことがありました。

いつの間にか地震が恐くなくなっていたのです。

私は中学生のときにニュースで見た阪神淡路大震災の衝撃から、地震を恐い恐いと思って生きてきました。
首都直下型とか、南海トラフとか散々恐怖を煽られて、極めつけに東日本大震災の衝撃映像で完全に恐怖にとらわれてしまいました。
富士山がいつ噴火するのかも心配で、
旅行も富士山の近くにはいかないようにしていたり、
旅行先でも津波地震にいつあってもいいように、避難経路を確認したりしていました。
それは防災という意味では、意味があるものもあったかもしれません。
でも、そのビクビクした気持ちは、生きている上で足かせになっていたのも事実です。

でもここ数年で自分軸に目覚め、
今年に入ってマスコミの洗脳から完全に解放されてから、
恐怖という感情からも解放されたようです。

なぜなら今までは自分にはどうしようもない、自然を前に人間は無力だと考えていたからです。
自分の人生のハンドルを誰かわからないものに握られていると感じて不安だったのです。
でも今は自分の人生のハンドルを自分が握っていると感じられるのです。
だから、不安がないのです。
これが自分軸ということです。
自然を前にしても不安になることはないのです。
むしろ、自然は味方であることがほとんどです。
そう感じるからです。

だから今回の地震が起きたとき、ドキドキしなかったです。
恐怖じゃなく、冷静に落ち着いていられたのです。
これは私にとって大きな変化だと思いました。10年前の東日本大震災のときとは雲泥の差です。
この数年で私はやはり変わったと実感しました。

昔から思っていた日本の不思議

子どものころから、なんとなく不思議だなぁと思っていたことが日本に多くありました。

なぜ日本人は世界最長寿国なの?
敗戦国なのに、経済大国1位なのなぜ?
なぜ日本だけ原爆が2回も落とされているの?
日本語だけ表現が複雑な言語なのはなぜ?

なぜか日本は世界の潮流にのっていないような、ガラパゴスのような、独特の路線をいくかんじがして。
でも歴史でもテレビでも日本を自虐的にいうので、
なんでこんな日本が?とか、
こんなに小さい国が?とか、
もやもやしながら不思議に思っていました。

でもここにきて、この世界の混沌から
これらのすべてのことが府に落ちるのです。
日本が小さいんじゃない、愚かなんじゃない。
日本はなぜかすごい民族。
どんな風にすごいのか詳しいことはわからないけれど、
放っておくとすごいパワーをだしちゃう民族。
世界最古の文明、DNAもおおっぴらになっていないので、誇りをもっている日本人は少ないですが、
日本人のパワーは本当は尋常じゃないのです。

だから、世界から狙われ続けてきたのでしょう。
真っ正面からでは敵わないから
長い年月をかけて、徐々に国民を洗脳していき、支配してきているのです。
それが今明るみにでようとしているのを感じます。
そして、日本人が自分自身の誇りに気づいたとしたら、どれだけのパワーが発揮されるでしょう?
私たちにどんなパワーがあるのでしょう?

信じる心、自己犠牲、思いやり、侍魂
それらが発揮されたら、
このエゴと争いだらけの世界はどのように変わるでしょう?

今からワクワクします!

洞窟から先にでるのは誰?

今の社会というのは、未曾有の事態に翻弄され、いろいろなことが止まっています。
例えると、
急に環境が変わった地球で人類が洞窟に逃げ込み、外の様子を伺っているような状態です。
今まで住んでた外の世界は安全なのか、洞窟の中に避難しながら見ているのです。

店を休業したり、マスクしたり、とりあえず避難してるような状態。
外はとっくに安全でも、一度洞窟に入ってしまったら、恐くてなかなか出られないのです。

だから誰かが先にでないと。

誰かが洞窟からでて安全に過ごしているのを見て、まだ洞窟に入っている人たちはやっと洞窟から出られるのです。

もう洞窟に入っている必要はないと思うなら、
積極的に外にでて、普通に過ごしたいと思います。

それが、洞窟の中で様子を見ている人たちを勇気づけることになるし、外にでるきっかけになります。
洞窟の中で説得しようとしても、それは反対されるだけ。
みんなで一緒にでようとせず、まず先に出れる人からでてしまえばいいのです。

楽しく日々を過ごして
もっと洞窟からでても大丈夫だということを身をもって体現していきたいと思っています。

悪を罰したいという罠

最近の情報の海のトレンドは、悪事の暴露です。
世界中で悪事が暴かれたり、暴露されたり、開示されています。
それを見た多くの市民が、愕然となり、
信じたくないという心境になり、
悲痛で苦しくなったり、
疑心暗鬼になっています。

そしてそこで生まれた様々な感情、怒り、悲しみ、驚き、などが1つの結論に行きつきます。
罪を償わせたい!ゆるせない!返してほしい!

その感情は一種の「恨み」です。
私は恨みをもっては、自分軸になれないというブログを以前に書きました。
恨みというのは他人軸に閉じ込める檻のようなものです。
現在この檻にどんどんつかまっている人が続出していると感じます。
だからといって、簡単に許せるほどの悪事ではないかもしれません。
でも、この感情はもっているべきではありません。
恨みはもっていても、なにもならないからです。

悪の勢力の参った顔が見たい!
処刑をのぞむ!
ギャフンと言わせたい!

そんな感情には意味はありません。むしろ罠です。
もし悪の勢力がいたとしても、これからの世界に存在することはできないでしょう。
自分軸の人が増えれば手も足もでないのです。
彼らがやっつけられるところを、待ちながら生きる必要はないのです。
私たちは目の前の楽しいことに注視して没頭していて大丈夫です。楽しい雰囲気をまとって生きていけばいいのです。
それが世界にとっても重要なことです。
この世紀末のような情勢の中で、楽しい雰囲気を伝播できる人は貴重な存在です。

もし悪の顛末が気になったとしても、それは淡々とした感情が必要です。
「あぁ、そうなったか、わかってたよ。それとは関係なく、私は私の道を行かせてもらうね。」と。

あまりにも、罠にかかっている人が、覚醒している人の中で多いと感じ書きました。
私自身にも言い聞かせる意味もあります。
自分軸を保つのは大切です。